• 東京都豊島区目白3-4-12 E&Kビル2階
  • JR山手線「目白駅」徒歩1
  • お問い合わせ03-3954-2810
遠隔診療

のど

のどとは

のどとは

のど(喉)は、咽頭(口腔や鼻腔、食道上部など)と気管上部にある喉頭までの範囲を言います。食べ物を食道や胃に送り込むほか、呼吸器官として肺に空気を届ける役割があります。また、喉頭にある声帯を使うことで発声器としての役割も担っています。

このように食物や空気の通り道であることから、のどは外界と接する機会が多分にあります。そのため、ウイルスや細菌などの侵入を防ぐ機能も備わっているのです。呼吸器官、発声器などの働きがある喉に違和感や異常、疾患があるという場合も耳鼻咽喉科をご受診ください。

このような喉の症状はご相談ください(例)

  • のどが痛む
  • のどに違和感を覚える
  • のどに詰まり感がある
  • のどが腫れた
  • 口の中が乾燥する
  • せきが出る
  • 呼吸がゼーゼーする
  • 声がかすれる
  • いびきが酷い
  • 飲み込みが悪い など

主な喉の病気

咽頭炎

咽頭(鼻から食道につながる部分)に炎症が起きている状態が咽頭炎です。そもそも咽頭は鼻や口を介して、外と接しやすい場所にあるので炎症が起きやすく、風邪、インフルエンザなどによるウイルス・細菌感染、刺激ガスや粉塵の吸入、喫煙、声の酷使などで粘膜が炎症することで発症します。

なお咽頭炎には急性と慢性があり、急性咽頭炎は主にウイルスや細菌感染で起きます。慢性咽頭炎は急性咽頭炎が治りきらない状態が続く、慢性的にお酒やたばこなどで咽頭を刺激することで起きます。

主な症状は、のどの痛みやかゆみ、声が枯れる、せき、痰のほか、ものを飲み込む際に痛み(嚥下痛)が出ることもあります。また倦怠感、発熱がみられることもあります。深刻化すると急性喉頭蓋炎などを併発するようになり、呼吸困難の症状が出ることもあります。

喉頭炎

喉頭は空気の通り道と食物の通り道を兼ねており、食物が通る際は喉頭蓋によって空気の通り道が塞がれます。この喉頭にある粘膜に炎症が起きるのが喉頭炎です。

喉頭炎には急性と慢性があり、急性喉頭炎の多くはウイルスや細菌が感染することで発症します。このほかにも声の酷使やたばこなどの刺激性ガスを吸入することで炎症を起こすことがあります。慢性喉頭炎は急性喉頭炎を繰り返す、上下気道からの炎症の波及(なかでも副鼻腔炎の後鼻漏)などが原因となります。急性も慢性も症状については同様で、枯れた声、乾いた咳、のどの異物感などがみられます。

治療につきましては、消炎薬や鎮咳薬の服用、細菌による感染が原因であれば抗生物質を使用します。慢性喉頭炎の場合は、原因となる治療が優先されます。優先とは、喫煙が原因であれば禁煙をする、上下気道の炎症であれば、その治療を行うといったことです。

扁桃炎

扁桃炎とは、口蓋扁桃と呼ばれるリンパ組織(口蓋垂の左右に一個ずつある組織)に、細菌やウイルスによる急性の炎症が起こる疾患です。よく見られる症状は、高熱や寒気、頭痛、全身のだるさ、関節痛といった風邪のような症状と強い咽頭痛です。また喉の奥をのぞくと両脇(口蓋扁桃)が赤く腫れ、白色の膿で覆われていることがあります。

扁桃には健康状態が良好でも様々な細菌が潜んでいますが、風邪ウイルスの感染や疲労が蓄積していくと、おとなしかった細菌が猛威を振るい、急性扁桃炎を発症するようになります。なかでも、溶血性連鎖球菌に感染してしまうと急性扁桃炎や急性咽頭炎などを起こすことがあり(溶連菌感染症)、これは子どもに多く見受けられます。この場合は、リウマチ熱や急性糸球体腎炎、アレルギー性紫斑病などの合併症を引き起こすこともあります。

声帯ポリープ

喉頭にある声帯の粘膜にできた腫瘤(ポリープ)が声帯ポリープで、発症すると枯れ声やかすれ声、のどの違和感や痛みといった症状が現れます。原因は声の酷使や風邪による咳などが考えられ、これらにより声帯の粘膜が出血し、やがて血腫が作られるようになるのですが、これを繰り返すうちにポリープが生じると言われています。

なおポリープを発見したら治療を行いますが、その前に声を極力使わない、喫煙者であれば禁煙をするなど喉を保護する対策をとる必要もあります。

喉頭がん

喉頭がんとは、喉頭部分に発生するがんです。患者様には高齢の男性が多く、なかでも喫煙者と大量にお酒を飲む方がよく見られます。なお喉頭がんは、発生する場所によって疾患名が変わります。声帯に発生していれば「声門部がん」、声帯より上方に発生しているのであれば「声門上部がん」、声帯より下方に発生していれば「声門下部がん」と診断され、また発生する場所によって症状が異なるのも特徴です。以下の表をご覧ください。

なお、これら喉頭がんの症状で、よく見られるのは声がれです。やがて痰に血が混じる、呼吸困難が起きるといった症状も現れるようになります。飲酒や喫煙を好む方で声のかすれが気になられたら、一度耳鼻咽喉科をご受診ください。

声門部がん
喉に発生するがんとしては一番多く、かすれ声が初期症状です。食べ物を飲み込むときに違和感を伴うこともあります。
声門上部がん
喉の異物感やいがらっぽさ、食べ物を飲み込むときに痛む、などの症状がみられます。
声門下部がん
喉頭がんの中では最も患者が少なく、かなり進行するまで自覚症状はありません。ただ最初の症状は、やはり声のかすれです。