• 東京都豊島区目白3-4-12 E&Kビル2階
  • JR山手線「目白駅」徒歩1
  • お問い合わせ03-3954-2810
遠隔診療

一般内科

内科とは

内科とは

内科では、日本内科学会認定内科医の当副院長が内科全般を幅広く診療します。主に風邪(鼻水・鼻づまり、咳、喉の痛み、発熱 など)やインフルエンザといった症状のある方、急な腹痛、嘔吐や吐き気、下痢などの急性・感染性胃腸炎の疑いのある方など、急な体調不良を訴える方はもちろん、不規則かつ不摂生な生活習慣が原因で発症する生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)の疑いのある方やその予備軍の方、繰り返し起きる頭痛や貧血といった慢性疾患についても診療範囲となります。

また、当副院長は日本循環器学会専門医、日本老年医学会専門医でもあるので、胸痛や動悸といった症状を訴えても診療いたします。

≫ 循環器内科はこちら

原因不明の体調不良もご遠慮なく

なお内科は窓口的な役割も担う診療科です。そのため、初めて当院を受診される方や原因不明の体調不良で来院された患者様の訴えをお聞きし、必要に応じて検査を行います。その結果などから適切な診療科での診療を案内するほか、高度な医療技術や専門的な医療機関での治療が必要となれば、提携先の病院等を紹介いたします。

小さなお子さんからお年寄りの方まで、体のちょっとした異変であっても、遠慮なく打ちあけられる関係を構築できるよう、医師はじめスタッフ一同心がけていきますので、健康上の不安などもお気軽にご相談ください。

このような症状はご相談ください(例)

  • 熱、せき、痰、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、胸部圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸、息切れ
  • むくみ
  • 喉の異常な渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感、夏バテ
  • 急な体重の増減 など

内科の主な対象疾患

急性疾患
風邪症候群、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、発作性心房細動、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)、膀胱炎、熱中症 など
慢性疾患
生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)、メタボリックシンドローム等)、甲状腺疾患、気管支喘息、認知症、過活動膀胱炎、貧血、頭痛、便秘症、不眠症 など

主な生活習慣病

高尿酸血症とは

血液中にある尿酸が多くなっている状態を高尿酸血症と言います。尿酸は血液中では、水分に溶けにくい性質であることから尿酸塩として存在し、多くなり過ぎると針状の結晶となって関節付近に留まるようになります。なかでも足の親指の付け根付近に降りるようになると激しい痛みを伴う炎症発作が起きるようになります。これが痛風です。それでも放置をさらに続けると、脳血管障害、心疾患、腎障害、尿路結石といった病気が合併症として現れるようになります。

多くの患者様は、痛風の症状に耐えられないあまり来院されるようになりますが、痛みが出る前に血液検査で尿酸値を測定することで診断をつけることも可能です。その数値とは、血清尿酸血が年齢や性別を問わず、7.0mg/dLを超える場合を言います。このような状態になったら、直ちに尿酸値を下げる治療が行われるようになります。

原因について

尿酸値が高くなる、いわゆる尿酸が増える原因ですが、尿酸の元となるプリン体を大量に摂取(レバー類、アルコール、魚卵、かつお、えび、かにみそ など)している、先天性代謝異常症や造血器の病気などによって尿酸の産生が増加している、尿酸の排泄が遺伝的要因や腎臓機能の低下などにより悪くなっているといったことが挙げられます。

治療について

治療で最も重要なのが尿酸値を下げることです。そのために欠かせないのが生活習慣の改善です。具体的には、食事療法や運動療法になります。食事療法では、プリン体を多く含む食品の摂取を控えめにし、バランスの良い食事(野菜、海藻、きのこ類 など)を摂る、早食いをしない、規則正しい食生活を送る、尿酸値を上昇させないように禁酒・節酒を行うなどです。運動療法については、無理のない適度な有酸素運動(ジョギングや水泳など)を1日30分ほど行うようにし、できれば毎日行うようにしてください。

このほか、水分をしっかりとって尿量を増やし、尿と一緒に尿酸を排泄するようにします。尿量に関しては1日で2000mL以上になることが望ましいです。

また上記の治療法に併せて、尿酸の生成を抑制する薬や尿酸の排泄を促す薬などが医師の判断で処方されることもあります。