花粉症・減感作療法

花粉症って?

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻みず・鼻詰まりなどのアレルギー症状を起こす病気です。
季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

通年性アレルギー性鼻炎

アレルゲンが一年中あるので、症状も一年中あります。
主なアレルゲン:ダニ・ハウスダスト・ゴキブリなどの昆虫や昆虫の糞・ペットの毛・フケ・ホルムアルデヒドなど。

季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

日本では、約60種類の植物により花粉症を引き起こすと報告されています。
主なアレルゲン:スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、シラカバなど。

症状

鼻の症状:くしゃみ・鼻みず・鼻詰まりなど
目の症状:かゆみ・なみだ・充血 など
ノドの症状:かゆみ など
その他の症状:皮膚のかゆみ・下痢・熱っぽい感じ
などの症状が現れることがあります。

減感作療法

・スギ花粉症に大変有効です。
減感作療法とは、患者さんのアレルゲンをほんの少しずつ体内に入れ、徐々に増やしていくことでそれに対する過敏な反応を減らしていこうという治療法です。
簡単に言うと、本来、細菌やウイルスといった外敵が体内に入り込んだときに、体を守るために働く免疫系が勘違いを起こすのがアレルギー反応です。本来外敵でも何でもないアレルゲンが体の中に入ったときに免疫系が外敵と勘違いして反応が起こってしまうのです。
この勘違いを直すために、ほんの少しのアレルゲンを体内に入れます。大変少ない量のアレルゲンに接触したときには、免疫系は「外敵」と思わずにいます。そこでしばらくしてから、もう少しだけ多い量のアレルゲンを体内に入れます。そのときも免疫系は少ないために外敵とはまた認識しません、この繰り返しをすることによってアレルギーの発生をおさえる治療法です。

Q.花粉症の予防薬はあるの?
A.予防薬というと何か特別な薬があるように聞こえますが、花粉症予防薬という特別な薬があるわけではありません。
症状が出る前に、花粉症のときに飲む薬(抗アレルギー剤など)を予め飲むという「予防的な薬の飲み方」のことです。
例えば、スギ花粉症の方であれば、1月中旬〜下旬くらいから薬を飲み始めることによって症状を軽く抑えられる場合があります。
ただ、アレルギーの強い方やその年の花粉量によっては、予め薬を飲んでも症状が軽くならない方もいらっしゃいます。
Q.花粉症に良く効く注射があるの?
A.それは「1回注射して花粉症シーズンを楽にすごせる注射」のことですが、当院ではおこなっておりません。
長期間作用が持続するステロイド注射のことです。
たしかに、ステロイドは体の中の免疫反応を抑えてくれるので、花粉症のようなアレルギー反応も抑えてくれます。耳鼻科でも花粉症にステロイドの点鼻薬などを使うこともあります。
ただ、長期間作用するステロイド注射は、全身的に副作用がでたときの重大さや副作用の期間(長期間作用するので副作用も長期にわたる)を考えると、花粉症治療のために使う薬ではないと当院は考えています。